最古のタロット考

 

ヴィスコンティ版キャリー・イェール・パック
Tarocchi Visconti di Modrone/Cary Yale Visconti Tarocchi Deck

 現在はアメリカ、コネチカット州イェール大学のベイネック図書館に保管されています。もともとはアメリカのトランプ収集家、キャリー家の個人コレクションのひとつだったことから、「キャリー・イェール・パック」と呼ばれるようになりました。

 多くの研究者たちが、キャリー・イェールパックの「恋人たち」のカードにサボイ家の家紋が見られることから、ミラノ第三公爵フィリッポ・マリア・ヴィスコンティとサボイ・マリアの1428年の結婚記念であると考え、これが最古のデッキであることを主張しています。


詳細はブログdeタロットカタログにて

 

 小アルカナはワンドとソードではなく、槍と剣。原始的趣向が感じられます。

 

 

 

ヴィスコンティ版ブレラ・ブランビラ・パック
The Visconti Brera-Brambilla

ミラノ第三公爵フィリッポ・マリア・ヴィスコンティの爵位1412~1447年に描かれた可能性が強いデッキ。この版に見られるのが多くヴィスコンティ家の紋章で、スフォルツァ家の紋章はほとんど見当たりません。

 

 

 

 ブランビラ版では、湾曲したソードが非常に美しい!紺碧と金彩色があいまってこの世のものとは思えない剣の絵札。詳細はブログdeタロットカタログにて

 各スートが10枚の数札と4枚の人物札といういわゆるタロットの標準的な小アルカナの構成が確立されていることから、これがいわばヴィスコンティ版の完成形であり、よりもっと不完全なキャリー・イエール版はその過程にあった試験的なものなのかもしれないと、タロット研究家マイケル・ダメットは述べています。ILMeneghelloのディレクター、クリスティナ氏もキャリー・イエール版をブランビラ版の「モデル」だと述べています。
 筆者はまた別の意味で、CY版は「原画」なのでは? タロットアート・ヒストリーNO.1の文中に記していたかと。
 

 あまりにも現存する大アルカナが少ないブランビラ版。もしかするともともと大アルカナは22枚よりもっと少なく設定されていた可能性もあるのではないかと指摘する研究家も存在しています。 

これで宮廷遊戯が、いわゆるカードゲームが行われていたという説はあまりにも知られていますが、マイケル・ダメットが述べているように、「トランプのようなゲームなら」絶対的に札に数値が振られている必要があったはずだと、筆者も強く同感するところなのです。
 現存するマルセイユ版の小アル、数札にも、数値は振られていません。

 数はもちろん、重要ではありますが、算用数字の数値ではなく、純粋に「何がいくつ描かれているのか」がタロットの場合は重要事項となるのでしょう


 

ヴィスコンティ・スフォルツァ・タロット・ベルガモ・パック
Visconti-Sforza tarot(Bergamo Pack)

1450年以降、ヴィスコンティ家の婿養子にしてミラノ第四公爵、フランチェスコ・スフォルツァのために描かれたものと類推される。スフォルツァ家とヴィスコンティ家の紋章が最も多く並べられて描かれており、最も新しくかつ実用的なヴィスコンティ版とされています。

※悪魔、塔、剣の3、貨幣の騎士が欠損とされている

 タロットの標準パターンとされる札構成=78枚の内、74枚が現存しているという極めて完成度が高い最古のタロット、ヴィスコンティ・スフォルツァ・ベルガモ・パック。

 この完成をもって、大アルカナ22枚と小アルカナ56枚というタロットの構成スタイルが確立したという可能性がうかがえるわけですが、その際、進化したはずのベルガモ版の剣の絵札が湾曲していないのは何故か? 

 スタイルとして逆戻りした理由は?と考えてしまう一方で、そうか、フィリッポ・マリア・ヴィスコンティのタロットと、フランチェスコ・スフォルツァのタロットは異なる、そういう見解にも及び至ることが可能なわけです。つまりこちらはスフォルツァ版というのが厳密には正しいような

 

 以上、山川出版社「タロットの歴史」から日本タロット占術振興会会報誌、タロットアートヒストリーなどのまとめとなり、現行調査はここまで進んでいます。

 トランプのように決して画一的ではないその並びに、「そもそもタロットとは何なのか?」のカギがあるはずだと。M・ダメットも提唱しているように「これがカードゲームのためのものなら、40枚もあるのだから、数を振るのは必然でしょう」。 剣でも槍でも、いちいち何本描かれているかを数えていられません。トランプのようなゲーム・カードであれば。

 しかしこれらは発祥時期において、決してプレイング・カードなどとは、呼ばれていなかった代物なのです。




Copyright(C)(株)ステラ・マリス・ナディア・オフィス. All Rights Reserved.